ゴルフバー情報ナビ > ゴルフバーでのマナー

ゴルフバーでのマナー

ゴルフバーでのマナーゴルフバーは気軽にお酒や料理を楽しみながらゴルフができる大人の遊び場ですが、いくらお金を払ってお客として利用する立場としても、ゴルフバーを利用する際には最低限のマナーが必要です。

一般常識的なマナーもありますが、お酒を提供しているゴルフバーでは最悪の場合、お店から閉め出されてしまうことも。そんなことにならないために、守って欲しいゴルフバーでのマナーをご紹介します。

店内で大声を出さない

個室を利用している場合を除いて、他のお客との距離が近いブース席を利用する場合などでは、大声を張り上げたり、大声で騒いだりすると他のお客の迷惑になります。特にお酒も進み、ラウンドも盛り上がってくると知らずに大声ではしゃいでしまいがちですので、ご注意を。


ブース内にはプレイヤー以外は入らない

こんなことは言わずもがなでしょうが、ゴルフスイングをするブース内は危険ですので、プレイヤー以外は絶対に入らないでください。お酒が入ると、プレイヤーも周りへの注意力が散漫になりがちですので、なおさら危険です。


ブース内での素振りは必ず打席でやる

周りが広く開放的なゴルフ場に比べ、ゴルフバーのスペースは狭いので、素振りはやはり打席に立ってからやるようにしましょう。特に、個室ではないブース席だと、周りの人に当たって迷惑がかかる可能性もありますので、十分ご注意を。


泥酔しない

ゴルフバーではお酒が提供されています。ゴルフで盛り上がってくると、テンションが上がってお酒も進むと思いますが、あまり調子に乗って泥酔してしまうと、ゴルフクラブを振り回したり、大声を出したりと、他のお客やお店のスタッフに迷惑がかかります。またそれだけでなく、最悪の場合はお店から締め出されてしまうことにもなりかねません。くれぐれもほどほどに。


過剰に店内を撮影しない

最近のブログやソーシャルメディアブームで、どこに行っても何につけ写真を撮っている光景が普通になりましたが、やはりあまり過剰な撮影は他のお客の迷惑になりますし、気分も害してしまいます。特にフラッシュなどを使用する時は注意が必要です。
撮影している本人は意外に気にしない傾向にあるようですが、それをよく思わない人もいることをお忘れなく。くれぐれも節度のある撮影を心がけてください。

▲ページトップへ